2019
06.24

ちりめんも、ふだん使いの時代です。丹後ちりめんのさらさらワンピースをご紹介♪

Web STAFF

みなさんこんばんは!

夏風邪と闘う(涙) webスタッフ 村上です。

 

あったかくなったと油断して布団を蹴散らす私…

早々に夏の洗礼を受けました(涙)

みなさまくれぐれも、寝冷えにはご注意あれ…

 

気を取り直して今日は!

WOODY HOUSEでしか買えない

SOLAMONAT「丹後ちりめん ノースリーブワンピース」をご紹介。

 

 

「ちりめん」

と言えば、みなさん何をイメージされるでしょうか…?

 

 

私はこれ!

 

 

(あぁ、おなかすいた…)

 

 

・・・ではなく、

 

 

これ!風呂敷!

え?風呂敷!?

 

そうです、この風呂敷などに使われるちりめん。

この和のイメージが強いちりめんで、ワンピースを

作ってしまったというのです・・・

一体どうなるのか・・・

 

  

 

・・・!

 

かわいい!

なんだかとても上品で、どこかモード感も漂っている・・・

それもそのはず、このちりめんは約300年間愛され続ける魅力的な素材なのです。

 

このワンピースに使われているちりめんは、

ウッディーハウス誕生の地 舞鶴とも程近い京都府北部「海の京都」

丹後地方の「丹後ちりめん」。

約1300年も前から織物の里として知られる歴史ある土地で織られた上質素材なんです。

 

そんなちりめんの魅力を徹底解析していきます!

 

①美しいシボとしなやかな生地感 & 夏にぴったりの涼やかさ

ちりめん特有の織り方によって生まれる、凸凹としたシボは

光に乱反射してとても豊かな表情を見せてくれます。

 

さらに、表面の凸凹によって肌に触れる面積が少ないため

夏もベタつくことなくサラりとした着心地をキープ。

 

 

②おうちで洗える「ポリチリ」!?

もともとは絹で織られていたちりめんですが、

現代版にアップデートされポリエステル100%に!

 

それにより、シワがつきにくく扱いやすい上、

洗濯機で洗濯できるという嬉しすぎる機能が付与されました。

もう最強だちりめん・・・。

 

これからは、ちりめんも普段着になる時代なんですね。

古き良き…と見せかけて、最先端の素材になるかもしれませんこれは。

 

なんだかとっても気になってきましたよね~~~

詳細は今すぐこちらからチェック!

誰よりも早く「ちりめん」を取り入れてみませんか?

 

 

WOODY HOUSEでしか買えない逸品、ぜひお試しください。

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


抽選発表です!

ブログをご覧の皆さまこんにちは この間髪を切りましたがほぼ誰にも気付かれませんでした…